読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつまぶし blog

無職。全てにおいてレベル1 。なのに今はニューヨークひとりぼっち。おなかすいた・・。

NYで今学ばれているインフォグラフィックスの授業 第二回

今回の課題として出たのが、いよいよインフォグラフィックスを実際に少し作ってみることです。

ただ、そのインフォグラフィックスにはルールがあります。色を使わないこと、文字を使わないこと、形も、丸や四角など原始的なものにすること、です。2週かけてそれを作成し、発表。生徒同士でこのインフォグラフィックスは何か話し合い、次の週に答えを発表する流れです。

 

では、今回の授業マテリアルを公開します。

ニューヨーク的データ収集場

MTA Real-Time Data Feeds | MTA

MTAとはニューヨークの地下鉄のこと。地下鉄データが取れます。

NYC Open Data

ニューヨーク市のいろいろなデータが見れます。

 

今回の課題はこの3つの中のどれかのデータ使って作ります。(このサイト以外のデータを使うこともOK) 

チップキッド デザインと日常における第一印象(TED talk)

日常生活からインスピレーションを受けて、本の装丁を行なっているチップ。ストーリーを考えて装丁している様子が伺えます。インフォグラフィックスもストーリが隠れているので、参考になります。

ビジュアル的情報を人はどう捉えるかをサイコロジカルに分析

Visual Perception | Simply Psychology

↓上記URL内にあるTED Talk抜き出し。

素晴らしいインフォグラフィックスを作る10のステップ

1. データを集める
2. すべてを読む
3. 物語を見つける
4. 問題を確認する
5. 核を見つけ階層を作る
6. ワイヤーフレームを作る
7. フォーマットを決める
8. 見た目を決める
9. 改良とテスト
10. 全世界へリリースする!

インフォグラフィックスを学ぶのに有効なニュースサイト

Visual News

先生からのオススメインフォグラフィックスの紹介

ストーリーテリングがすごいインフォグラフィックインタラクティブな動画?と思うレベルです。

Optional materials:

 

 授業マテリアルは以上。

 

作成した課題

冒頭に書いた課題ですが、色や文字を使わないで原始的なもので作るインフォグラフィック、私はこう作りました。

f:id:hitsumabushiko:20170205124049p:plain

これだけでは全然分からないですね!私の力量もありますが・・。
もちろん一応、データを取り出し分析して、このような形にしています。

 

今回は以上です。

 

 

前回の授業はこちら