読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつまぶし blog

無職。全てにおいてレベル1 。なのに今はニューヨークひとりぼっち。おなかすいた・・。

【革命的】洋書を安く手に入れる方法

ニューヨークの本屋で買えば、もちろん日本に比べて洋書は安いです。

でもそれは日本ではできないし・・。

なんとか洋書をもっと安く買えないものか?と思っていたところ画期的な方法発見したのです!

 

結論から言うと、電子書籍です。
でもどうやって手にいれるのか・・今回はその入手方法を2つお伝えします。

 

Amazon.com電子書籍を買う

難易度:★★

 

Amazon.co.jp(日本)にも洋書は売っているのですが、種類があまり豊富ではありません。欲しいタイトルを検索しても、見つけられないこともしばしば。

 


その点、Amazon.com(米国)なら、よく考えたら当たり前なのですが、何でもあります!
さらにさすがのアマゾン、ディスカウントされてる本はもちろんその値段で買えます。

 

 

利用方法は簡単。
超えなくてはいけないハードルは英語と少しの注意点。

 

Amazon.comのアカウントを作ります。(英語)

Amazon.com Registration

 

好きな洋書を買ってください。

 

Kindleアプリを端末にダウンロードします。
読みたい端末でアプリのストアにアクセスして、DLしてください。

 

ログインの際に.comで作ったアカウントを設定してください。

 

注意点はすでに.co.jpのアカウントで使ってしまっている端末を.comに切り替えようとすると面倒な点です。

 

もし端末が他にもある場合は、.com専用にしてしまった方が楽です。

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 
Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

 

ニューヨークの図書館のカードを作ってそこから電子書籍を借りる

難易度:★★★★★

 

図書館の本はもちろん無料です。
ニューヨークに来た際、ニューヨークパブリックライブラリーで図書館の貸し出しカードを作ってみてください。そのカードがあれば、図書館の持っている電子書籍が借り放題なのです。

 

ただ、もちろん高いハードルが・・・。

 

まずは英語。
カードを作る時は英語で図書館の人と確認しながら作る必要があります。

 

そしてニューヨークでの住所が必要。
今ここに住んでいると言う、証明となる書類が必要です。

ただ・・勝手にワードなどでここに住んでますのようなドキュメントを日本語で作ってしまって(住所だけは英語にして)印刷して持っていけば、正直バレません・・・!

 

と、とんでもない提案をしましたが、本当にやるかは自己責任でお願いします・・・。

 

無事作れたという猛者は下記ページから本を借りることができます。(日本語)

 

タブレットなどで読むときには下記アプリを入れてください。(英語)

 

アプリを入れた後の登録の仕方などはヘルプをご覧ください。
Getting Start By Devicesで該当のPDFを読んでください。(英語)

 

以上です。

 

では素敵な洋書ライフを!