読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつまぶし blog

無職。全てにおいてレベル1 。なのに今はニューヨークひとりぼっち。おなかすいた・・。

パーソンズへデザイン留学

ニューヨークにある、パーソンズ美術大学(Parsons The New School)というところへサーティフィケイトプログラムという正規留学でない方法で留学をしています。

 極端なことを言えば、お金を払えば誰でも授業を受けることができる感じです。

 

パーソンズ自体は有名なデザインの学校で、中でもファッション分野が有名です。

アナスイマークジェイコブスも出身の学校です。

 

 

正規留学をするには、入学のハードルも授業料のハードルもとても高いのですが、サーティフィケイトプログラムであれば、単科ごとに料金を支払い、授業を受けることができます。

 

ただ、この留学方法だと正規留学ではないため、ビザを取得するために語学学校に同時に絶対に通わなくてはいけません。もちろん語学学校の授業をおろそかにすることもできません。ビザが取得できなくなってしまうからです。

私の場合、語学学校へは月曜から金曜、毎日4時間ほど通います。

 

サーティフィケイトの修了証明書をもらうためにパーソンズに支払うお金は、大体80万円〜ぐらいでしょうか。取る授業によります。必修だけ取ればそれだけ安くすみます。

 

期間は人にもよりますが、1年から、1年半ほどかけて取る方が多いそうです。
私は一応1年を計画しています。(授業を落とさなければ)

 

用意されているコースも比較的初心者向け。
私は現在、週2のグラフィックデザインの基礎、Photoshop基礎、Illustrator基礎をとっています。11月より、WordPress基礎、Webデザイン基礎がオンラインで始まり、土曜日にはレスポンシブWebデザインの基礎の授業も始まります。

 

1つの授業がだいたい3時間弱あります。教室で行う授業の時間は19時〜23時くらい。

私は完全に授業を一度にとりすぎました・・。オンライン授業は週1ではなく集中的に4週間ほどで受け切らなくてはいけないため、1日で3授業を受けなくてはいけない日が4週間続いてしまう可能性が・・。もちろん語学学校にも毎日4時間ほど通った上でです。

 

日本ではIT企業でWebプロデューサー的なことをしていたので、日頃からデザイン業務見てはいたのですが、実際に自分でデザインした経験は全くありません。

 

デザイン経験のなさと英語への不安が多々ある中、さっそく授業が徐々に始まってきています。
授業でいったいどんなことをやっているのか、これからここで報告していきますね。


写真素材のピクスタ